コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全数検査 ぜんすうけんさ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

全数検査

全数検査とは、対象となる品物(製品)を1つひとつ漏れなく検査することをいう。全数検査を行えば、検査したロットに関しては不良や不具合がないことを保証できるが、対象数量に応じた時間とコストが必要となる。そのため、対象数量が少ないか検査が簡単で手間がかからない場合、1個あたり金額が大きい場合、1件でも不良や不具合があると大きな損失が生じる場合、抜き取り検査で基準値以上に不良や不具合が見つかった場合に、不良や不具合の確率が高い箇所などに限って全数検査を行うことが多い。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典内の全数検査の言及

【抜取検査】より

…JISでは,検査とは〈品物をなんらかの方法で試験した結果を,品質判定基準と比較して個々の品物の良品・不良品の判定を下し,又はロット判定基準と比較して,ロットの合格・不合格の判定を下すこと〉と定義されている。検査には,すべての製品を検査する全数検査と,〈検査ロットから,あらかじめ定められた抜取検査方式に従って,サンプルを抜き取って試験し,その結果をロット判定基準と比較して,そのロットの合格・不合格を判定する〉(前掲JIS)抜取検査がある。抜取検査では個々の品質を保証することはできないが,ある確率でロットごとの品質を保証することができる。…

※「全数検査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全数検査の関連キーワード品質管理抜取検査

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android