八方ごま(読み)はっぽうごま

世界大百科事典内の八方ごまの言及

【独楽】より

…遊び方は相手のこまに自分のこまをたたきつけるという激しいもので,男の子たちの血をわかせた。(7)賭博ごま こまを六角形(お花ごまなど)や八角形(八方ごまなど)にけずり,各面に絵を描いて,倒れたときにどの面が上に出るかで賭博を行うもの。現在も東北の〈どんころごま〉,鳥取の〈大吉ごま〉などが郷土玩具として残っている。…

※「八方ごま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報