八炉(読み)はちろ

世界大百科事典内の八炉の言及

【炉】より

…このような茶室が構想されるのは,茶室の立地条件(室外の展望など)によって,やむをえず逆勝手の炉を切るのであって,通常の形式(順勝手,本勝手)が可能であるにもかかわらず,逆勝手の炉を切ることは許されない。 炉にはこのように八炉の形式が存在するが,茶室の基本型は,4畳半の出炉である(裏千家の又隠(ゆういん))。出炉とは,道具畳より炉が外(客寄り)に出ていることによる。…

※「八炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android