コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共貸与権 こうきょうたいよけんpublic lending right

知恵蔵の解説

公共貸与権

図書館の蔵書が利用者に貸し出しされたとき、著作者が一定額の報酬を受け取れる権利。英国、ドイツ、オランダなどヨーロッパ十数カ国が国家基金などを設けて公貸権制度を導入。主に公共図書館における貸し出し冊数や著者別出版タイトル数に準じて報酬を支払う。日本では、複本購入問題と関係付けて著作者団体等が公貸権導入を提議。日本文藝家協会は02年に「図書館による無償の図書貸し出しによる著作者の経済的損失への補償制度としての公貸権実現と国家基金設立」を文部科学省と文化庁に要望。追って05年、文藝家協会、推理作家協会ら作家5団体が公立図書館貸出実態調査をもとに国と地方自治体に対し、図書館の今後についての共同声明を出して図書館予算の増大、図書館司書の増員、国家または公的機関による「著作者等への補償制度の確立」を求めた。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

公共貸与権

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共貸与権の関連情報