コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共伯和 きょうはくわ

世界大百科事典内の共伯和の言及

【周】より

… そのため第10代厲王(れいおう)は,栄夷公を卿士として,王室収入の回復を図ったが,これに反対する貴族層に追われ,前841年に彘(てい)(山西省霍県)に亡命し,14年後彘で死亡した。この亡命期間,有力貴族であった共伯和が政治を代行した(共和)。厲王の死後,子の宣王が即位し,一時王室の力を再興し,南進を企て,北方の蛮族の南下を阻止したが,王権の強化を急ぎ,再び貴族の不信を招いた。…

※「共伯和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

共伯和の関連キーワード共和[周]

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android