典礼書(読み)てんれいしょ

世界大百科事典内の典礼書の言及

【典礼】より

…その最古のものは,ヒッポリュトスの《使徒伝承》(215)で,新約聖書と同じギリシア語で書かれたものであるが,原文は知られていない。しかしラテン語をはじめ幾つかの翻訳書と,原文からの翻案を含む典礼書や教会規律の書物が残っている。これらの種々の言語の典礼文と儀式を時代の流れに沿って比較検討してみると,それぞれの言語文化圏によって独自の典礼様式が形成されていったことがわかる。…

※「典礼書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android