コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内ハルハ うちはるは

世界大百科事典内の内ハルハの言及

【ハルハ】より

…ダヤン・ハーンは16世紀初めに第5子アルジュ・ボラトと末子ゲレセンジェに,これを所領として与えた。アルジュの子孫は内ハルハとして内モンゴルにとどまり,南下して遼河およびそれ以西に広がり,今のバーリン(巴林),ジャルート(札魯特)などになった。一方,ゲレセンジェの子孫は外ハルハといい,ヘンテイ山脈方面のウリヤンハイ族が滅亡したとき,同地に西進し,また1552年アルタン・ハーンのオイラート族攻撃の結果ハンガイ山脈方面に広がり,現在のハルハの分布に近づいていった。…

※「内ハルハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内ハルハの関連キーワードハルハ(哈爾哈)部ウリヤンハン三衛バリン(巴林)部ボロル・エリヘオンギラットハルハ喀爾喀