内丹説(読み)ないたんせつ

世界大百科事典内の内丹説の言及

【悟真篇】より

…古く,晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,丹砂,水銀を鍛錬して金丹を作り,それを服用すれば仙人になれるとする。これに対して,《悟真篇》では,人間には,本来,丹砂,水銀に替わるものが備わっている,それが竜虎真陰陽の気であって,これを鍛錬して体内に金丹を作れば仙人になれるとする内丹説を説く。【砂山 稔】。…

【白玉蟾】より

…若年のころ,福建を出て,竜虎山,武夷山で修業し,また道士陳楠(泥丸)に教えを受けたとされる。その道教思想の中核は,神・精・気の3概念を基底に置く内丹説であるが,同時に,朱子学,禅宗の思想をも取り込んでいる。【砂山 稔】。…

※「内丹説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android