コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海府海岸 うちかいふかいがん

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕内海府海岸(うちかいふかいがん)


新潟県佐渡(さどが)島の北東部の断層海岸。島北端の鷲(わし)崎から両津(りょうつ)湾奥までの約28kmをいう。大佐渡(おおさど)山地を挟み、西側の外海府(そとかいふ)海岸に対する。北半部は佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園に属する。ブリの定置網漁とワカメの養殖が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内海府海岸の言及

【佐渡島】より

… 佐渡観光の中心は海岸地形のスケールの大きさにある。大佐渡山地の海岸は海府海岸として名勝に指定され,日本海側は外海府海岸,両津湾側は内海府海岸(外海府・内海府海岸)と呼ばれる。外海府の中では高さ約20mの断崖が続く尖閣湾,平根崎の波食甌穴(おうけつ)群(天)と海中温泉,北東部の二ッ亀,大野亀付近の小島,暗礁,巨岩が続く岩石海岸など見どころが多い。…

【外海府・内海府海岸】より

…新潟県佐渡島最北端の弾(はじき)崎から大佐渡山地西側の相川町下相川に至る海岸を外海府海岸,弾崎から東海岸の両津市黒姫までを内海府海岸と呼ぶ。合わせて佐渡海府海岸として名勝に指定されている。…

※「内海府海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内海府海岸の関連キーワード外海府・内海府海岸両津[市]大佐渡山地断層海岸外海府両津湾湾奥両津弾崎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android