凍りこんにゃく(読み)こおりこんにゃく

世界大百科事典内の凍りこんにゃくの言及

【コンニャク(蒟蒻)】より

…こんにゃくのみそ田楽は,豆腐のそれとともに,〈あんばいよし〉と呼びながら行商され,大坂では〈庚申(こうしん)こんにゃく〉といって庚申の日のまじないに食べるならわしがあった。凍りこんにゃくは,薄く切ったものを凍結乾燥させたもので,湯でもどして煮物などにする。水に浸した寒天のような舌ざわりがあり,江戸時代にはかなり愛好されたものだが,いまでは甘く煮た小片を正月の黒豆に添えることさえまれになった。…

※「凍りこんにゃく」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android