凍結空孔(読み)とうけつくうこう

世界大百科事典内の凍結空孔の言及

【析出硬化】より


[焼入過剰空孔]
 合金を焼き入れると,溶質原子だけでなく空格子点(空孔ともいい,高温になるほど濃度は大きくなる)も過飽和となる。これが焼入過剰空孔(凍結空孔)であり,溶質原子の移動(拡散)を促進するとともに,過剰空孔の消滅に伴って生じた二次欠陥は前述のように中間相の不均一核生成に重要な役割を果たす場合がある。アルミニウム合金の室温での時効処理(自然時効)でGPゾーンが生じるのは,この過剰空孔の寄与によるとされている。…

※「凍結空孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android