分析麻痺症候群(読み)ぶんせきまひしょうこうぐん

世界大百科事典内の分析麻痺症候群の言及

【ライン・スタッフ組織】より

…そこでスタッフ部門は,違反に対する制裁権限をもたないとはいうものの,実際にはかなりの程度までライン部門の活動を規定しうることから,組織の大規模化などによるスタッフ部門の拡張は,ライン部門とスタッフ部門の間の摩擦を増大させ,権限の配分をどうすればよいかなどの組織設計上の問題が生じることになる。最近では,アメリカ企業においては,戦略スタッフの力がライン部門のそれを上まわり,かつスタッフ部門の過度に分析的・計量的手法の重視によって,組織の戦略実行力が低下してきたといわれ,〈分析麻痺症候群〉と揶揄(やゆ)されるようになっている。【野中 郁次郎】。…

※「分析麻痺症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android