コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分水路 ぶんすいろ

大辞林 第三版の解説

ぶんすいろ【分水路】

河川から水を分けて流すために設けた水路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の分水路の言及

【放水路】より

…河川における洪水処理の一方法で,洪水の全部または一部を海,湖などに放流するために,川から分派させる形で新たに開削される水路のこと。分水路ともいう。放水路は,おもに地形条件を前提に,現河道の大幅な拡幅の回避,改修区間の短縮,河口港の土砂埋没防止などを目的として計画される。…

※「分水路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分水路の関連キーワード信濃川大河津資料館デルタアマクロ准州中之島[町]十二貫野用水大河津分水路グリムズビー雄物川(川)安藤 黄楊三燕大花火大会寺泊〈町〉寺泊[町]大河津分水分水〈町〉治山治水越後平野関屋分水新潟砂丘新信濃川放水路新潟市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android