コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切石積基壇 きりいしづみきだん

世界大百科事典内の切石積基壇の言及

【基壇】より

…切石積は,地覆石(じふくいし)の上に羽目石(はめいし)を立て,さらに葛石(かつらいし)をのせる構造で,飛鳥寺中金堂,川原寺中・西金堂,法隆寺金堂などがある。切石積基壇に束石(つかいし)を完備したものが壇正積基壇で,8世紀の南都諸大寺や諸国国分寺を中心に盛行した。束石のない切石積基壇から壇正積基壇へと段階的に発展しており,奈良県の山田寺金堂は一石で羽目石と束石をつくり出している過渡的な形式である。…

※「切石積基壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android