コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列柱廊 れっちゅうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

列柱廊
れっちゅうろう

コロネード」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の列柱廊の言及

【コロネード】より

…等間隔に並び,上端を水平の部材(古典様式ではエンタブラチュア(オーダー),まれにアーチ)で結ばれた柱の列。列柱廊,柱廊ともいう。街路,広場,庭園,建築物等の周縁に配置される囲いであるが,その機能は囲われる対象や外部との関係でさまざまに変わる。…

※「列柱廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

列柱廊の関連キーワードコベント・ガーデン王立歌劇場デル・エル・バハリ神殿カージマイン・モスクペリステュルムギムナシオンギリシア美術ディプテロスギャラリーキオストロパンテオンベルニーニエクセドラプリエネ神殿建築タハルカフォルムボスラストア回廊ケラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android