コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初列風切 しょれつかぜきり

1件 の用語解説(初列風切の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しょれつかぜきり【初列風切】

鳥の翼の先端部にある丈夫な羽。はばたくことで、前進する力を得る。しょれつかざきり。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の初列風切の言及

【翼】より

…風切(かざきり)羽remex(複数はremiges)は飛羽flight featherともいわれ,主要な飛行器官で,翼の骨に直接ついている。そのうち,腕掌骨と第2・3指の指骨に付着しているものを初列風切primaryといい,尺骨に付着しているものを次列風切secondaryという。また次列風切の内側の数枚は,他のものと長さや形状が違うので,三列風切tertiary(tertial)として区別されることがある。…

※「初列風切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初列風切の関連情報