コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初列風切 しょれつかぜきり

大辞林 第三版の解説

しょれつかぜきり【初列風切】

鳥の翼の先端部にある丈夫な羽。はばたくことで、前進する力を得る。しょれつかざきり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の初列風切の言及

【翼】より

…風切(かざきり)羽remex(複数はremiges)は飛羽flight featherともいわれ,主要な飛行器官で,翼の骨に直接ついている。そのうち,腕掌骨と第2・3指の指骨に付着しているものを初列風切primaryといい,尺骨に付着しているものを次列風切secondaryという。また次列風切の内側の数枚は,他のものと長さや形状が違うので,三列風切tertiary(tertial)として区別されることがある。…

※「初列風切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初列風切の関連キーワードヤイロチョウ(八色鳥)ハタオリドリ(機織鳥)コクチョウ(黒鳥)ノガン(鴇∥野雁)アメリカシロヅルハシジロキツツキ翼(よく 動物)セイラン(青鸞)ショウジョウトキカササギ(鵲)キョクアジサシトウゾクカモメブッポウソウヤイロチョウソデグロヅルキレンジャクカンムリヅルヒレンジャクノグチゲラワシカモメ