コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初売り ハツウリ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐うり【初売り】

新年初の売り出し。はつあきない。売りぞめ。 新年》初買い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつうり【初売り】

新年初めてのあきない。初商い。売りぞめ。 ↔ 初買い [季] 新年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の初売りの言及

【仕事始め】より

…漁業の場合には乗りぞめ,船祝いなどといわれ,2日などに,船を出して湾内を一周ぐらいして海中に神酒を注いだり,簡単に漁をしたりし,戻ったあと集まった人々に船上から餅や蜜柑をまいたり,船主,網主宅で祝いをする。商家では2日に盛大に初荷を送り,初売りを行って商売繁昌を願う。鍛冶屋は農具の模型を作って金屋子神に供え,大工は道具の手入れをしたり墨差しを作るなど,諸職人もそれぞれの仕事始めを行っている。…

※「初売り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初売りの関連キーワード行列48時間松井実那子仕事始め長濱慎売初め初商い新年福市福袋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初売りの関連情報