コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前衛俳句 ぜんえいはいく

大辞林 第三版の解説

ぜんえいはいく【前衛俳句】

金子兜太とうたの「造型俳句論」をよりどころとした、社会性・抽象性に富む傾向の無季俳句。昭和30年代に登場した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前衛俳句の言及

【俳句】より

…無季にしても口語にしても,俳句に現実感(時代性)をとりこもうとする試みであった。60年前後には,社会との主体的なかかわりを強調した金子兜太,鈴木六林男(むりお),能村登四郎,赤尾兜子らが活躍し,金子や赤尾の現代的なイメージを追求した作品は〈前衛俳句〉と呼ばれた。多行形式によって独自の俳句美を書きとめた高柳重信,〈昼顔の見えるひるすぎぽるとがる〉などの句で日本的風土とは異質の言語美をもたらした加藤郁乎,彼らもまた金子らとともに今日の前衛派をなしている。…

※「前衛俳句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前衛俳句の関連キーワード藤後 惣兵衛中村草田男赤尾兜子伊藤柏台金子兜太無季俳句社会性抽象性

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前衛俳句の関連情報