コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇中歌 ゲキチュウカ

デジタル大辞泉の解説

げきちゅう‐か【劇中歌】

挿入歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の劇中歌の言及

【松井須磨子】より

島村抱月との恋愛で協会を除名され,大学教授の座を追われた抱月と芸術座という劇団を1913年(大正2)に結成,女座長として以後毎公演の主役を演じ続けた。劇中歌を歌うのがその演出の特色で,特に《復活》のカチューシャ(〈カチューシャ可愛や〉の歌),サロメが評判であった。中村吉蔵の創作劇や自宅に隣接した芸術俱楽部での小公演は,芸術的な活動であった。…

※「劇中歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劇中歌の関連キーワードあんな男に~私は愛しているティル・ゼア・ウォズ・ユーお前やないと あかんねんビビディ・バビディ・ブーサンライズ・サンセットひとりぼっちのハブラシサークル・オブ・ライフ見上げてごらん夜の星を愛した日々に悔いはないひとりぼっちの羊飼い俺たちゃペドロ一家マック・ザ・ナイフオン・マイ・オウンチムチムチェリージェリクルソングいのちをあげようスイング・ホテルスーパースターなんでもやるさハクナ・マタタ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劇中歌の関連情報