コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加羅土器 からどき

世界大百科事典内の加羅土器の言及

【加羅】より

…また,冠帽は高句麗文化の影響をうけたものであるが,加羅文化として独自の発展のあったことを示している。また,一般住民の使用していた土器も,土師器の祖型である赤褐色の軟質土器から,須恵器のもとになった青灰色の硬質土器に変わり,器形も大きく変化し,加羅地方独特の器台などがあらわれた(加羅土器)。
[5世紀]
 前半期の朝鮮は比較的安定し,加羅諸国もそれぞれ自国の充実につとめていた。…

※「加羅土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android