労政局(読み)ろうせいきょく

世界大百科事典内の労政局の言及

【労働省】より

…かつての労働行政は内務省,続いて厚生省労働局が担当していたが第2次世界大戦後における一連の制度改革と連動して1947年労働省が新設され,以後今日に及んでいる。その内部組織は大臣官房および労政局,労働基準局,女性局(労働省女性局),職業安定局,職業能力開発局の5局からなっている。労政局は労働組合法,労働関係調整法,国営企業労働関係法等を所管するほか,労政や労働経済一般を担当している。…

※「労政局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報