動力シンクロ(読み)どうりょくしんくろ

世界大百科事典内の動力シンクロの言及

【シンクロ電機】より

…シンクロ制御変圧機は,発信機の角変位によって定まる出力電圧を出すもので,自動制御用に用いる。動力シンクロ(動力セルシン)は巻線形三相誘導電動機と同じ構造のもので,機械的に連結できない二つ以上の動力軸を同一速度で回転させるのに用いる。【猪狩 武尚】。…

※「動力シンクロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android