コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘料米 かんりょうまい

世界大百科事典内の勘料米の言及

【勘料】より

…そのとき在地からの要求を承認する代償として,国司や領主が徴収した米銭をいう。米の場合には勘料米,銭の場合には勘料銭ともいい,雑税の一種であり,検田使の得分となることもあった。のちには検注の有無にかかわらず,検注を名目として勘料を徴収することもあった。…

※「勘料米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報