コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝修羅 かつしゅら

世界大百科事典内の勝修羅の言及

【二番目物】より

…江戸時代,神男女狂鬼の五番立て(1日の番組編成基準に基づく分類法)を正式としたときに第2番目におかれる能。修羅物を本旨とし,《田村》《八島》《箙(えびら)》の勝修羅(この3番を除く修羅物は負修羅という)のほか,公達(きんだち)がシテの《通盛》《清経》《朝長》《敦盛》,老体の武者の《実盛》《頼政》,女武者の《巴》など約16曲ある。略二番目物として,《高野物狂》などの男物狂いや,現在物,《松虫》《錦木》などの執心遊楽物をおく。…

※「勝修羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勝修羅の関連キーワード八島(能)二番目物修羅物八島田村