コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包(み)紙 ツツミガミ

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐がみ【包(み)紙】

物を包むために使う紙。包装紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つつみがみ【包紙】

ものを包むに用いる紙であるが,またとくに文書(もんじよ)の差出者がこれを送付するときに包んだ紙をいい,封紙,懸紙(かけがみ)とも称する。文書本紙の包み方としては,本紙と併行に包んで上下端部を後ろに単純に折ってこれにこよりをかける折封,この上下端部を三角形にひねって折り込み,これにこよりをかける捻封(ひねりふう),文書に対して斜めに包み込み,紙の端を糊づけする糊封の三つが代表的である。前2者は古代より見られ,糊封は江戸中期以降に行われた封式である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の包(み)紙の言及

【懸紙】より

…また文書を保護するため,それを受け取った人がのちに別の紙で包むことがある。これを包紙という。懸紙というのは封をするしないにかかわらず,本紙の上に懸ける紙のことである。…

※「包(み)紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

包(み)紙の関連キーワード御所桜堀川夜討シーリング印刷堤中納言物語ハラール食品懸け紙・懸紙正倉院文書看聞日記検定爆薬朱印船漢簡懐紙水引連署礼紙散剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android