コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化合爆薬 かごうばくやく

世界大百科事典内の化合爆薬の言及

【火薬】より

…理論窒素量は14.14%であるが,実際には窒素量が13%付近のものが強綿薬と呼ばれて無煙火薬に,12%付近のものが弱綿薬と呼ばれてダイナマイトに用いられる。化合爆薬としてはニトログリセリン(エチレングリコールの二硝酸エステル,略称NG)が有名で,ダイナマイトやダブルベース無煙火薬(NC,NGの2成分から成る)の原料として用いられる。ニトログリコール(エチレングリコールの二硝酸エステル,略称Ng)はNGと似た性質の爆薬であり,NGの不凍剤として混入して用いられている。…

【軍用爆薬】より

…いずれも耐熱性の高い爆発性化合物である。以上は単一の化合物からなる化合爆薬であるが,混合することによって目的の性能を与えた混合爆薬も存在する。代表的な軍用混合爆薬としては,コンポジションB(Comp B。…

※「化合爆薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化合爆薬の関連キーワード液体爆薬軍用爆薬火薬爆薬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android