コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北アナトリア断層 きたあなとりあだんそう

世界大百科事典内の北アナトリア断層の言及

【地震】より

…近年のものとしては1978年タバス地震(M7.7,死者1万5000)がある。トルコでは東西に800kmにわたって延びている北アナトリア断層上に,1939年エルジンジャン地震(M8.0,死者3万3000)以後,M7クラスの地震が1~10年おきに6回発生し,大被害を出している。この断層以外にも大地震は少なくない。…

【地震断層】より

… 地震断層が科学的に記録されたのは,1891年濃尾地震のときの根尾谷断層が世界でも最初で,日本ではそれ以来明瞭なものが12例ほど知られている(表)。世界では,アメリカのサン・アンドレアス断層やトルコの北アナトリア断層などが有名で,これまでに陸上で100ヵ所以上の断層が科学的に報告されている。 多くの地震断層を調査した結果,それらは地震のときにはじめて生じた断層ではなく,もともと存在していた断層が再活動したもの,つまり活断層であり,また地震時の運動はその断層の過去の運動の向きと同じであることがわかった。…

※「北アナトリア断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北アナトリア断層の関連キーワードエルジンジャン地震コジャエリ地震トルコ大地震

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android