コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北イタリア きたいたりあ

世界大百科事典内の北イタリアの言及

【イタリア】より

…言語の面から見ると,この二つの過程はかなり明瞭にあとづけられるが,住民の体質的特徴にそれを見ることはかなり困難である。それでも,南イタリアにおけるアラブおよびベルベルの侵入の影響,あるいは北イタリアにおけるゲルマン的要素の影響などは容易に観察できる。 イタリアにおける方言の差異は非常に大きい。…

※「北イタリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北イタリアの関連キーワードはばたけ黄金の翼よ 粕谷紀子作「風のゆくえ」よりサン・ベルナルディーノ祈祷所メロッツォ・ダ・フォルリカスティリオーネの戦いロンバルディア都市同盟ドラートバルマレンココルテヌオーバの戦いイタリア・イレデンタスフォルツァ[家]フランソア[1世]イル・クレモネーゼソルフェリノの戦いビスコンティ[家]ソルフェリーノの戦ビラフランカの和約プレスブルクの和約イタリア統一戦争サルデーニャ王国ラデツキー行進曲ロンバルディア人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北イタリアの関連情報