コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北匈奴 きたきょうど

世界大百科事典内の北匈奴の言及

【匈奴】より

…彼もまた呼韓邪単于と号し,許されて長城内に移り住み,その諸部は後漢の雲中など諸部に分かれ住み,中国の守備に任じた。これを南匈奴と称し,モンゴリアにとどまった従来の匈奴を北匈奴と称した。 南匈奴には後漢より使匈奴中郎将以下の官吏が派遣され,その監視に当たったが,南単于の諸部族統治は存続した。…

【五胡十六国】より

…後漢初,匈奴は南北両勢力に分裂し,南匈奴は漢に帰降した。北匈奴は漢と南匈奴の連合軍に攻撃されて西方に移動し,その一部は黒海沿岸に出現して(フン族),ヨーロッパ民族大移動の原因となったといわれる。匈奴勢力の衰退は,中国と周辺諸民族との関係を変革した。…

※「北匈奴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北匈奴の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)明帝(中国、後漢)漢の時代(年表)章帝[後漢]明帝[後漢]北アジア史日逐王比鮮卑班超竇固匈奴竇憲章帝明帝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android