コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北原式土器 きたはらしきどき

世界大百科事典内の北原式土器の言及

【北原遺跡】より

…同時に各棟とも多数の短冊形や鉞(まさかり)形打製石斧や打製石庖丁が検出され,調査者はやや離れた天竜川沖積地の水稲耕作のほかに扇状地での陸耕が盛んであったと推定している。これらの石器を製作した人々の用いた土器は櫛描文が主体で,中期前半の磨消(すりけし)縄文の盛行した時期に続く時期で,北原式土器とよばれている。【坪井 清足】。…

※「北原式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone