半寄生性(読み)はんきせいせい

世界大百科事典内の半寄生性の言及

【寄生】より

… 植物の植物に対する寄生としては,さまざまな菌類・細菌・ウイルスなどがあるが,寄生性の高等植物も知られている。これにはみずから光合成も行うもの(半寄生性)と葉緑素を欠き光合成を行わないもの(全寄生性)とがある。前者ではケヤキ,ブナ,ミズナラなどの枝につくヤドリギ,イネ科植物の根につくコゴメグサ類,カバノキ科植物の根につくママコナなどが知られ,後者ではススキの根につくナンバンギセル,シイの木の根につくヤッコソウ,カワラヨモギの根につくハマウツボなどが知られる。…

※「半寄生性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android