半球状住居(読み)はんきゅうじょうじゅうきょ

世界大百科事典内の半球状住居の言及

【住居】より

…これは風や露をしのぐという人間にとっての最小限の機能をもち,住居というより覆いの域を出ない。これより一歩進むとアフリカ南部のカラハリ砂漠のサン,アフリカ中部のコンゴの密林に住むピグミーなどに見られる半球状住居domed hutとなる。こうした簡易な住居では,しばしば住居づくりは主婦の仕事であり,手近の小枝や草を集めて数日以上かけてゆっくりつくられる。…

※「半球状住居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android