半裃(読み)はんかみしも

世界大百科事典内の半裃の言及

【裃∥上下】より

…この小紋型紙をもっぱら作っていたのが伊勢の白子(しろこ),寺家(じけ)の地であったが,ここは代々紀州家の領地で,その保護を受けていたので,他所で作ることはできなかった(型紙)。 裃には袴の長い長裃(略して長ともいった)および短い半袴をつけた半裃があった。前者は身分の高い武家の礼装,後者は一般に広く公服として用いられた。…

【袴】より

…(9)半袴 脚の長さほどに仕立てた袴で,長袴に対して半袴と呼ばれた。これも肩衣とあわせて半裃といい,一般武士をはじめ庶民もこれを式服とした。はもともと肩衣と袴とが共布のもので,麻裃などといって上下ともに麻布が用いられたが,肩衣と袴とそれぞれ地質・色目の異なるものも着用され,これを継(つぎ)裃といった。…

【服装】より

…しかし,ようやくその形態・材料を整えて上昇し,江戸時代には広く武家の公服として用いられるようになった。肩衣に長袴をつけるのを長裃,半袴を用いるのを半裃,肩衣と半袴と別地異色のものを継裃(つぎかみしも)といった。長裃は上級武士の,半裃は以下の武士の公服で,正式には麻製で裏をつけず,家紋をつけ,これに冬は熨斗目(のしめ),夏は帷子を着用した。…

※「半裃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android