南山律宗(読み)なんざんりっしゅう

大辞林 第三版の解説

なんざんりっしゅう【南山律宗】

唐の南山道宣を宗祖とする律宗。律宗の中で最も広まり、鑑真によって日本へ伝えられたのもこの系統。 → 律宗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南山律宗の言及

【律宗】より

…東晋時代に《十誦律》《四分律》《摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)》などの律部経典が中国に伝訳されると,律に関する研究が盛んとなり,特に《四分律》が北魏の法聡と慧光(468‐537)によって重視され,四分律宗が成立するが,のちに三つの分派を生じた。慧光の系統をうけた唐初の道宣は,終南山に住して《四分律行事鈔》をはじめとする戒律学の5大部を著して南山律宗を開いた。一方,法励(ほうれい)(569‐635)は《四分律疏》を著して相部宗を開き,その弟子の懐素(625‐698)は《四分律新疏》を撰して東塔宗を開いた。…

※「南山律宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android