南氷洋サンクチュアリ(読み)なんぴょうようさんくちゅあり

世界大百科事典内の南氷洋サンクチュアリの言及

【国際捕鯨取締条約】より

…他方,捕鯨国は,クジラ資源の合理的利用を認めず,また当該クジラ資源につき,沿岸国の立場にもない国々が多数を頼んで委員会の決定を左右していることに不満をもち,また現行条約の規定は,距岸200カイリ内に分布するすべての生物資源について沿岸国がもつ排他的管轄権を考慮に入れていないとの立場から条約改正を強く求めている。しかし1990年までに資源の包括的評価を行うとした捕鯨モラトリアム(一時停止)の見直し作業実施の決定も先延しにしているばかりか,94年のIWC総会では,反捕鯨国は〈南氷洋サンクチュアリ〉(聖域化)の提案を強行可決した。捕鯨【米沢 邦男】。…

※「南氷洋サンクチュアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android