南蛮漆芸(読み)なんばんしつげい

世界大百科事典内の南蛮漆芸の言及

【南蛮美術】より

…今日60点ほどの遺品があることから,当時流行した画題であったといえる。 工芸では南蛮漆芸と呼ばれる漆器が重要で,南蛮人やかるたなどを意匠とした国内用のもの,国内用にも輸出用にも供されたキリスト教の祭具,さらに西洋への輸出を目的とした洋櫃(ひつ),洋簞笥(たんす)などがある。陶器では織部焼(織部陶)が西洋風の意匠を好んで用い,南蛮人型の燭台などを作っている。…

※「南蛮漆芸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android