南運河(読み)なんうんが

世界大百科事典内の南運河の言及

【衛河】より

…源を山西省と河南省の境界付近の太行山脈南端部に発し,河南省新郷市より北東に流れ,山東省臨清県,徳州市を経て河北省に入り,大清河と合流したのち,天津市で永定河と会して海河と呼ばれる。臨清より下流は大運河の一部を構成,南運河と称せられる。隋の煬帝(ようだい)は,608年(大業4),河南省武陟県あたりで,黄河が沁水(しんすい)を経て衛河に入り涿郡(郡治は現在の北京)にいたる運河を開いた。…

【大運河】より

…ときあたかも金と南宋との対立時代で,南北の交通は杜絶し運河も放置せられた。南宋では都が臨安(杭州)に移ったため,江南運河がもっぱら食糧物資の補給路として利用された。
[運河道の変遷]
 元は今の北京市に都(大都と称した)をおき,南北に直通する運河を開いて,ほぼ現在の大運河の形態を整えた。…

※「南運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android