博浪沙(読み)はくろうさ

世界大百科事典内の博浪沙の言及

【張良】より

…その家柄は代々韓の宰相であった。韓が秦に滅ぼされると,その仇を報じようとして,巡幸中の始皇帝を博浪沙(はくろうさ)(河南省陽武県の南)で襲撃するも失敗。秦の追捕をのがれて下邳(かひ)(江蘇省邳県の南)に隠れた。…

※「博浪沙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android