コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卜部兼右(読み)うらべかねすけ

世界大百科事典内の卜部兼右の言及

【兼右卿記】より

…神祇道長上卜部(吉田)家の当主,神祇大副兼右兵衛督従二位兼右(?‐1573)の日記。断簡も加えれば,1532年(天文1)10月9日から始まり,72年(元亀3)3月23日に至る長大な日記である。室町末期から戦国初期の朝廷の動向,宗教界とくに神道界の様相がわかるのみならず,兼右が赴いた伊賀,越前などの地方の様子も記されている。自筆原本が天理図書館その他に所蔵されている。【久留島 典子】…

※「卜部兼右」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卜部兼右の関連情報