コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印人 いんじん

世界大百科事典内の印人の言及

【篆刻】より

…彼の弟子の何震(?‐1604)は刀法が蒼勁で師にまさり,石章篆刻を不動のものとし,〈徽派〉の始祖と称された。〈徽派〉には,梁袠(りようちつ),蘇宣,朱簡,江皜臣(こうこうしん),程朴,汪関など十数家が次々と輩出し,このころになると,文人の余技としてでなく,印人と称される印学に詳しく刻印を業とする専門の篆刻家があらわれ,彼らは多く安徽・浙江の両省に集中し作品は印譜にまとめられた。 清代になると,考証学がおこり,古印や封泥や他の文字資料の出土もますます多くなりそれらの出版物が次々と出されて,篆刻芸術は新たな段階をむかえた。…

※「印人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

印人の関連キーワード片山鉄篆中井敬所周亮工鄧石如印章篆刻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印人の関連情報