原ウラル文化(読み)げんうらるぶんか

世界大百科事典内の原ウラル文化の言及

【ウラル語系諸族】より


[歴史的概説]
 ウラル学の最近の知見を総合すると,ウラル語系諸族の歴史は次のように想定することができる。ウラル祖語の担い手である原ウラル文化は前5千年紀以前の中石器時代の成立と考えられるが,当時すでにその形質的特徴はコーカソイド(エウロポイド)とモンゴロイドの中間型であるウラル型を示していたらしい。原ウラル文化は前4千年紀ころまでに原フィン・ウゴル文化と原サモエード文化に分岐し,前者は前3千年紀末まで存続し,新石器時代の櫛目文土器文化に比定されている。…

※「原ウラル文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android