双倉(読み)ならびぐら

世界大百科事典内の双倉の言及

【倉∥蔵】より

…板倉は春日大社板倉(江戸時代)や伊勢神宮の外宮御饌(みけ)殿などの遺構がある。平安時代初期の法隆寺綱封(こうふう)蔵は,全体が桁行9間だが,高床3間分の柱間を土壁で塗って倉とし,3間隔たって出入口の扉が向かい合うようにもう一つの倉を配置し,つごう9間分に寄棟造瓦葺きの屋根を架け,中央3間分は床も壁も設けず中空にした珍しい形式の双倉(ならびぐら)である。
[長者の倉]
 平安時代後期の《信貴山縁起》に描かれた山崎長者の米倉は,土居桁(といげた)の上に四角な材を交互に積み上げた校倉になっている。…

※「双倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android