取替原価主義(読み)とりかえげんかしゅぎ

世界大百科事典内の取替原価主義の言及

【時価主義】より

原価主義に対立する考え方で,価格変動の激しい経済状況下でとくに強く主張される。時価主義は,時価として売却時価を主張する売却時価主義と,取替原価を主張する取替原価主義,さらに現在原価(カレント・コスト)を主張する現在原価主義とに分かれるが,売却時価主義はゴーイング・コンサーン(継続企業)の考え方を前提としている現代企業と矛盾するため,理論的妥当性をもたない。時価主義のおもな長所は,(1)貸借対照表に示される資産の評価額がその時点の実際価額を反映する評価額で示され,現実的な財産状態表示が可能であること,(2)個別資産の価格変動の影響を保有損益として損益計算上,または損益計算外で分離把握が可能であること,(3)保有利得を処分可能利益に含めないという前提に立ったうえで,実体資本維持が図られること,などである。…

※「取替原価主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android