口切の茶事(読み)くちきりのちゃじ

精選版 日本国語大辞典「口切の茶事」の解説

くちきり【口切】 の 茶事(ちゃじ)

茶事の一つ。葉茶壺に入れ目張りをして保存しておいた新茶を、陰暦一〇月の初め頃にを切り、抹茶(まっちゃ)にひいて客に飲ませるもの。炉開きに行なわれ、茶人の正月ともいわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口切の茶事の言及

【茶壺】より

…茶の湯では,11月になると宇治の茶園から届けられた,その年の初夏に摘んだ新茶を詰めた茶壺の口封を切って葉茶を取り出し,ただちに茶臼で碾(ひ)いて粉末にして,茶を喫する。この行事を〈口切(くちきり)の茶事〉と称してきわめて重要視されている。抹茶の場合,その年の新茶は,壺の中に入れ山頂の冷処において夏を越させるのがよいとされるが,これは茶壺にほどよい通気性があって葉茶の熟成を助けるものと考えられていたからである。…

※「口切の茶事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android