コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可積分 かせきぶん

世界大百科事典内の可積分の言及

【積分論】より

fが有界でないときはfn(x)=min{f(x),n}として,と定義する。この積分の値が有限のときfE上で可積分であるという。一般の実数値関数fに対しては,f=max{f,0},f=max{-f,0}とするとffも可測で, fff  (f≧0,f≧0) となるから,ffの少なくとも一方が可積分のとき,と定義する。…

※「可積分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

可積分の関連キーワードドリンフェルトフーリエ級数フーリエ解析直交関数系定積分

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android