コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可進流 かしんりゅう

世界大百科事典内の可進流の言及

【煎茶道】より

…売茶翁と親しかった大典禅師を2世,その煎茶仲間の聞中禅師を3世とし,みずからを高遊外翁3世の伝統を継ぐとしたのが田中鶴翁であり,初めて家元を称し花月菴流を開き今日5代目に至っている。小川可進は,初めとくに流派を名乗ることはなかったが,その独自な煎茶技法が評判を得,洛中に可進流の名で知られるにいたった。小川流として家元の体制ができたのは2代其楽翁の代からで,今日6代目に至っている。…

※「可進流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone