コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右弁官局 うべんかんきょく

世界大百科事典内の右弁官局の言及

【外記】より

…はじめその相当位は,大外記が正七位上,少外記が従七位上であったが,8世紀末にそれぞれ正六位上,正七位上となる。平安時代には少納言局の実務は外記に移り,外記局・左弁官局・右弁官局のいわゆる太政官3局を構成するにいたり,五位の外記も出現する。外記の上首を局務(きよくむ)という。…

※「右弁官局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右弁官局の関連キーワード太政官(だいじょうかん)太政官厨家領板茂安麻呂右大弁宮内省太政官右中弁右少弁官宣旨中弁小弁定考外記三局八省

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android