各省官制通則(読み)かくしょうかんせいつうそく

世界大百科事典内の各省官制通則の言及

【国家行政組織法】より

…以下,後者を概観する。 国家行政組織法は,明治憲法下の各省官制通則(1893公布の勅令)の現行憲法施行による廃止,それに代わる暫定法としての行政官庁法(1947公布)の制定を経て,1948年7月10日に公布,翌年6月1日に施行された。同法は,内閣の統轄の下における行政機関の組織の基準を定め,もって国の行政事務の能率的な遂行のために必要な国家行政組織を整えることを目的とし(1条),明確な範囲の所掌事務と権限を有する行政機関全体による系統的構成(分配と結合の原理)および行政機関相互間の連絡と一体としての行政機能の発揮(調整の原理)を組織構成原理として要請している(2条)。…

※「各省官制通則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android