合せバター(読み)あわせばたー

世界大百科事典内の合せバターの言及

【バター】より

…牛乳の脂肪分(クリーム)を集めて練り上げたもの。その利用の歴史をみると,前2000‐前1000年ころにはインドでバターが作られていたという記録がある。旧約聖書にもバターについての記述が見られる。また古代ローマでは,バターは薬用軟膏,整髪料,また当時軍用とされていたゾウの傷薬としても利用された。スコットランドやイングランドでは羊毛の保護剤としてヒツジに塗られ,ランプの灯油としても用いられた。このようにバターは古くは薬用その他に珍重され,食用としては少数の人に利用されていたに過ぎない。…

※「合せバター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android