コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合ワセ吹キ あわせぶき

世界大百科事典内の合ワセ吹キの言及

【能管】より

…一定の旋律型を吹き連ね,基本的な指使いも定まっているが,奏者によって装飾的指使い(差し指)がさまざまに行われる。拍に規定されたリズムで吹く合ワセ吹キと,拍に規定されないリズムのアシライ吹キがあり,四拍子(よひようし)のみの合奏には両者が用いられ,謡(うたい)の伴奏はアシライ吹キだけである。旋律の基本のにおける各句の終止音が,歌口に近い指孔二つ(森田流は三つ)をおさえた音であるものを黄鐘(おうしき)調といい,これが基本であるが,歌口に最も近い1孔をおさえる盤渉(ばんしき)調の曲もある。…

【囃子】より

…《式三番》(《翁》)を除いて1楽器1人で構成されるが,演目によって太鼓の加わらない〈大小物(だいしようもの)〉と,太鼓の加わる〈太鼓物〉がある。 囃子の奏法には,明確なリズムにのって奏する〈合ワセル奏法〉(合ワセ吹キ,合ワセ打チ)と,リズム感を際立たせずに一定の範囲で自由に奏する〈アシライノ奏法〉(アシライ吹キ,アシライ打チ)とがある。笛の合ワセ吹キは囃子事だけに用いられる奏法で,並拍子,渡り拍子,混合拍子の三つのリズム型がある。…

※「合ワセ吹キ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合ワセ吹キの関連キーワード藤田流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android